小規模事業者持続化補助金

2/3の助成が受けれる「小規模事業者持続化補助金」

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者の事業を継続・発展させるために、商工会のサポートを受けながら経営企画書を作成し、計画にそって行う事業に対して補助金を支給して支援する制度です。対象となる事業は計画に基づいてなられる販路開拓の取り組みや業務効率化の取り組みが補助金の対象となります。
たとえば、新たな販路を獲得するために インターネット上に出す広告費も補助金対象です。自社商品を通信販売するためのホーム ページ 作成も、補助金制度に該当する取り組みです。これまで積極的に取り組むことができなかった ブランディング や マーケティング を行うことができます。

補助上限金額は50万円・最大で500万円も!

通常の上限補助額は50万円ですが次の条件を満たす計画は上限が100万円にひきあがります。①従業員の賃金を引き上げる取組を行う事業者 ②買物弱者対策の取組 ③海外展開の取組。
また、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。

対象となる小規模事業者とは?

以下の条件に当てはまる事業者を指します。

業種分類 従業員の人数
卸売業・小売業 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

 

公募期間・申し込み方法

ここ数年、毎年定期的に公募されています(平成30年現在)。公募の際は、当WEBページでお知らせ致しますが、補正予算など急な公募開始になる場合も多いので普段からご相談いただき、公募が出次第すぐに取り掛かれる状況を作っておくのが望ましいです。
是非商工会にご相談ください。

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金

ものづくり企業や設備導入に最適!小規模型で2/3、上限500万円

ものづくり補助金とは、新しいものづくりやサービス開発に挑戦する中小企業と小規模事業者を支援するため、中小企業庁が実施する補助金制度です。機械装置などの設備導入だけにとどまらず、技術導入費や開発における原材料費、外注加工費、委託費や知的財産権等関連経費、クラウド利用費までも対象の事業となります。
※平成29年度補正予算の小規模型について説明しております。詳しくはその都度も募集要項をご確認ください。

公募期間・申し込み方法

公募の際は、当WEBページでお知らせ致しますが、補正予算など急な公募開始になる場合も多いので普段からご相談いただき、公募が出次第すぐに取り掛かれる状況を作っておくのが望ましいです。
是非商工会にご相談ください。

その他の助成金

上記の助成金の詳細情報やその他の助成金情報は以下のリンクから

ミラサポ~未来の企業応援サイト~

「ものづくり補助金」ほか、補助金・助成金などに関わる最新情報の提供・公募要領・申請書類フォーマット・電子申請窓口など

ミラサポ

中小企業庁

「ものづくり補助金」ほか、商店街補助金など幅広く最新の補助金情報や公募期間情報が掲載されています。

中小企業庁

厚生労働省

労働条件の改善や従業員の採用・教育を行う事業主に対する各種補助金・助成金が紹介されています。

厚生労働省